看取り対策プロジェクト

「人生会議」~あなたとあなたの大切なひとのための意思表示~

「人生会議」とは、アドバンス・ケア・プランニング(ACP)の愛称で、自分がどのような医療を受けたいか、あるいは受けたくないのか、また、どこで人生の最期を過ごしたいかについて、自ら考え、また、あなたの信頼する人たちと話し合うことをいいます。

毎年11月30日は、「いい看取り・看取られ」から『人生会議の日』と定められました。

誰でも、いつでも、命に関わる大きな病気やケガをする可能性があります。

命の危険が迫った状態になると約70%の方が、これからの医療やケアなどについて自分で決めたり、人に伝えたりすることができなくなるといわれています。

自らが希望する医療やケアを受けるために大切にしていることや望んでいること、どこでどのような医療やケアを望むかを自分自身で前もって考え、周囲の信頼する人たちと話し合い、共有することが重要です。

話し合いの進め方(例)

「人生会議」話し合いの進め方

※上記は、あくまで一例です。

令和2年度 京都地域包括ケア府民向けウェブセミナー「人生会議の始め方」講演動画

令和2年度に実施したウェブセミナーの様子を期間限定で配信しています。

京都府のアドバンス・ケア・プランニングのリーフレットはこちら

考えてみましょう「人生の終い仕度」と医療 あなたとあなたの大切な人のために アドバンス・ケア・プランニング(ACP)の手引き

人生会議(アドバンス・ケア・プランニング)についてもっと詳しく知りたい方は